メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

投票率 18歳50.74% 19歳32.34%

投票する有権者=東京都千代田区で2017年10月22日午前11時52分、宮間俊樹撮影

総務省、抽出調査で「小選挙区、速報値」発表

 総務省は24日、今回の衆院選で初めて選挙権を得た18歳と19歳について、抽出調査による投票率(小選挙区、速報値)を発表した。18歳は50.74%、19歳は32.34%で、18歳と19歳を合わせると41.51%。いずれも全体の投票率(53.68%)を下回った。18歳選挙権が導入された昨年7月の参院選と同様、18歳より19歳の投票率が目立って低い。

     参院選の全数調査(選挙区)では18歳51.28%、19歳42.30%、合わせて46.78%。このときも全体の投票率(54.70%)より低かった。19歳で投票率が下がることについて、総務省幹部は「19歳は住民票を実家に残したまま大学や就職で親元を離れることが多いためではないか」という見方を示す。18歳と19歳の差は参院選の8.98ポイントから今回は1840ポイントに広がっており、同省は主権者教育や、不在者投票制度の周知に取り組む。

     調査は、47都道府県からそれぞれ4投票区ずつ188投票区を抽出。計1万2327人の18、19歳の有権者を対象にした。男性は41.07%、女性は41.97%で目立った差はなかった。

     衆院選の全数調査の結果は11月に発表される。【松倉佑輔】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
    2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    3. ボクシング 比嘉ぼうぜん 記録、信頼…失ったもの多く
    4. 比嘉王座剥奪 具志堅会長「ファンに申し訳ない」
    5. 尼崎脱線 亡き兄に誓った救命の道 ICUの看護師に

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]