メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

10代有権者、野党に厳しい目 政権交代できた…

初めて衆院選に投票した10代の声

 10代の有権者にとっては初めての衆院選となった解散・総選挙が終わった。突然の解散と野党の離合集散。堅調な支持を維持した自民党の大勝。そして争点のひとつだった憲法改正。投票した若い有権者たちは、こうした政治の動きをどのように受け止め、考えたのだろうか。全国で聞いてみた。

 共同通信の出口調査によると、投票した10代有権者の政党支持率トップは自民党の約4割で、平均の3割台半ばより高め。全体3位の希望の党が1割強で続き、野党第1党に躍進した立憲民主党は、自民の6分の1弱の1桁台にとどまった。

 ブロック別の10代の比例投票先を見ると、自民は4割台のブロックが多く、5割を超えるものもあった。一…

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1204文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです