メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

希望の統治、機能不全 人事すら決められず 両院議員懇談会

希望の党の両院議員懇談会の冒頭であいさつする代表の小池百合子東京都知事(左から3人目)=東京都千代田区で2017年10月25日午後3時6分、竹内紀臣撮影

 25日の希望の党の両院議員懇談会では続投を表明した小池百合子代表への辞任要求が噴出した。党役員人事も、来月1日に迫った特別国会での首相指名への対応も決められなかった。小池氏は「都政にまい進する」として混乱から距離を取る姿勢も見せたが、党の統治は崩れはじめている。【影山哲也、樋口淳也、松井豊】

この記事は有料記事です。

残り2154文字(全文2301文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです