メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

外国人が見た衆院選

朴喆熙氏

 今回の衆院選には、海外メディアや日本に暮らす外国人も関心を寄せた。突然の解散を受け、一時は政界再編が進むかに見えたが、ふたを開けてみれば自民党の大勝。与野党の力関係に大きな変化は起きなかった。「一体、何のための選挙だったのか?」。理解しにくい日本の政治は外国人の目に、どう映っているのか。

この記事は有料記事です。

残り4428文字(全文4573文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです