メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

第4次内閣発足 安倍1強「慎重」船出 改憲へ、揺らぐ足元

 第4次安倍内閣が発足した。来年9月の自民党総裁選で3選を目指す安倍晋三首相は、憲法改正、2019年10月予定の消費増税などの重要テーマも抱える。ただ、衆院選の自民圧勝にもかかわらず内閣支持率の回復は鈍く、政権は高揚感に欠けた船出となった。

この記事は有料記事です。

残り1976文字(全文2096文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわ・山本代表「次期衆院選では100人規模で擁立」
  2. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  3. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  4. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  5. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです