メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙のいろは

無所属候補、不利な戦い

選挙カーから手を振る候補者=福岡市博多区で2017年10月10日

 <くらしナビ おとなへステップ>

 10月22日投開票された衆院選では、民進党の分(ぶん)裂(れつ)などによって、前回より28人多い73人の無所属候補が小選挙区で出馬しました。しかし、衆院選での無所属候補は政党の公認候補に比べ、制度上、不利な戦いを強いられます。

 例えば、候補者1人に認められる選挙のビラは7万枚ですが、公認候補は政党分としてさらに4万枚を配ることができます。また無所属候補はNHKの政見放送に出演することができません。このほか選挙カー、ポスターなどの数も公認候補より制限されます。

 最も影響が大きいのは、比例代表への重複立候補ができないことです。小選挙区比例代表並立制の導入で、公…

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文886文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イタリア 高速の高架橋崩落で35人死亡 車20台落下か
  2. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  3. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島
  4. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  5. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです