メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島県知事選

現職の湯崎英彦氏が3選果たす

 任期満了に伴う広島県知事選は12日投開票され、現職の湯崎英彦氏(52)=自民、公明、民進推薦=が、新人で共産党県常任委員の高見篤己(あつみ)氏(65)=共産推薦=を破り、3選を果たした。投票率は31.09%(前回31.97%)で、過去3番目に低かった。

 湯崎氏は主要政党から相乗りで支援を受け、観光…

この記事は有料記事です。

残り81文字(全文231文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  4. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

  5. 新型コロナの感染 「北半球で重大な岐路に」 WHO事務局長が懸念

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです