メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

野党第1党、枝野氏の戦い(その1) 目指した議席は「20」

立憲民主党の結党を表明した翌日、街頭演説の聴衆に笑顔を見せる枝野幸男代表(左)=東京・有楽町で10月3日、小出洋平撮影

 「あの時に『勝った』と思った」。立憲民主党の枝野幸男代表(53)が、10月の衆院選で勝利を意識した瞬間を私たちの取材に初めて明かした。

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文755文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  5. 京アニ寄付、義援金として被害者・遺族へ配分 寄付の税制優遇も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです