メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

野党第1党、枝野氏の戦い(その2止) 「旗への結集」可視化

衆院選の期間中、立憲民主党の枝野幸男代表(右下)の街頭演説には大勢の聴衆が集まった=東京都新宿区で2017年10月14日、竹内紀臣撮影

 

 ◆立憲民主党 1人からの躍進

「枝野立て」に押され

 立憲民主党の枝野幸男代表(53)はカラオケ好きだ。

 宇都宮市のサラリーマンの家庭に生まれた枝野氏は、市立陽東(ようとう)中、栃木県立宇都宮高と合唱部に所属。陽東中ではNHK全国学校音楽コンクールで全国優勝した。マイクを持つと、人が変わったように朗々と歌い続ける。最近のお気に入りは欅坂(けやきざか)46。新曲をすべて移動中にチェックするほどだ。

 9月1日の民進党代表選で争った前原誠司氏(55)は、共に1993年の衆院選で日本新党から初当選した…

この記事は有料記事です。

残り4925文字(全文5175文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 行き場のない「核のごみ」 国内最終処分、議論も始まらず
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 大阪市立科学館 リニューアル リアルな星空を再現 高性能の投影機話題に /大阪
  4. 被爆遺構の本格発掘始まる 広島平和記念公園内
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです