メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都知事選

山田啓二氏が5選不出馬意向

5選不出馬の意向を固めた京都府の山田啓二知事=2017年3月29日、野口由紀撮影

 京都府の山田啓二知事(63)が、任期満了に伴う来春の知事選に出馬しない意向を固めたことが関係者への取材で分かった。既に地元選出の国会議員や府議らには伝えており、6日の府議会本会議で正式に表明する。

 山田知事は現在4期目。府市長会や経済界などが11月下旬から相次いで5選出馬を要請していたが、これまでの知事選で中心となって支援してきた自民などから多選批判も出ていた。5日夜、記者団の取材に応じ「いろいろな方に相談しながら、最終的な意向を固めているところ。進退については明日の本会議で質問を受けるので、その場で表明したい」と明言を避けた。

 山田知事は兵庫県出身で、東京大卒。自治省(現・総務省)を経て、荒巻禎一前知事の下で京都府総務部長、副知事を歴任し、2002年に知事に初当選した。11年から全国知事会長を務めている。【澤木政輝】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです