メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツの政治教育

/上 市民対象に専門機関 学校で選挙候補者と対話集会も

今年9月のドイツ連邦議会総選挙で、学校に候補者を呼んで質疑応答した感想を話すブレンビー上級学校の高校生たち=ドイツのベルリンで2017年11月14日、中村美奈子撮影

 日本で選挙権年齢が、18歳に引き下げが決まってから2年半。それに伴い、若者に学校などで政治を教える必要性が指摘されている。しかし「政治教育」とは何なのか、なかなかイメージがわかないのが実情だ。1950年代末期から約60年間、民主主義の担い手を育てる独自の政治教育に取り組んできたドイツの現状を取材し、日本へのヒントを探った。【中村美奈子/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3450文字(全文3633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです