メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツの政治教育

/上 市民対象に専門機関 学校で選挙候補者と対話集会も

今年9月のドイツ連邦議会総選挙で、学校に候補者を呼んで質疑応答した感想を話すブレンビー上級学校の高校生たち=ドイツのベルリンで2017年11月14日、中村美奈子撮影

 日本で選挙権年齢が、18歳に引き下げが決まってから2年半。それに伴い、若者に学校などで政治を教える必要性が指摘されている。しかし「政治教育」とは何なのか、なかなかイメージがわかないのが実情だ。1950年代末期から約60年間、民主主義の担い手を育てる独自の政治教育に取り組んできたドイツの現状を取材し、日本へのヒントを探った。【中村美奈子/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3450文字(全文3633文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  3. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 連休なのに…千葉の観光地悲鳴「アクセス復旧を」 シーワールドは早々に再開

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです