メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名護市長選

菅官房長官が立候補予定者と会談

 菅義偉官房長官は29日、沖縄県名護市を訪問し、同市長選(来年2月4日投開票)に立候補予定の元自民党系市議、渡具知武豊(とぐち・たけとよ)氏(56)と会談するなど、てこ入れを図った。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設が選挙の最大の争点だけに、菅氏は「戦える体制になってきた。(自民、公明両党で)全力で取り組んでいく」と記者団に語った。

     菅氏は同市で建設中の自動車専用道路を視察し、「2021年夏までに完成させる」と前倒しを表明。辺野古周辺3地区の区長との会合では、国から市を通さずに交付する補助金を活用し「生活環境の保全や地域振興にできる限り配慮したい」と約束した。

     ただ、嘉陽宗克辺野古区長は「米軍の事故や騒音問題は受け入れ地区においても看過できる状況ではない」と政府に苦言を呈した。

     3選を目指す稲嶺進市長(72)は移設に反対している。翁長雄志知事は29日、稲嶺氏を支援する県内の全議員を集めて名護市内で開かれた緊急集会に出席。終了後、「厳しい選挙だ。政府挙げて向こう側についているので、気を引き締めてやろうと話した」と危機感を口にした。【高橋克哉、佐藤敬一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 伊ベネチア 日本人ぼったくり被害 レストランで学生4人
    2. 気象庁 東日本で大雪の恐れ 都心降雪、交通機関に影響も
    3. 卓球 14歳張本、父とつかんだV 笑顔で駆け寄る
    4. 99.9シーズン2 松潤主演ドラマ第2話視聴率は18.0%と大躍進! 冬ドラマ暫定首位に
    5. 猫からの感染症 16年国内初の死亡例 福岡の60代女性

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]