メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 大阪府岸和田市の信貴芳則前市長(56)の辞職に伴う出直し市長選(2月4日投開票)に、地域政党・大阪維新の会所属の永野耕平府議(39)=岸和田市選挙区=が立候補する意向を固めた。今後、維新府議団などと調整し、党に公認を申請する方針。永野氏は8日、同市内で記者団に「出馬を前向きに考えている」と語った。

     永野氏は大阪市立大大学院修了で現在、府議1期目。市長選は信貴氏のほか、1級建築士の吉野富博氏(69)と元岸和田市議の西田武史氏(52)が立候補を表明している。

     信貴氏は2013年の市長選で、自民党の推薦を得るために現金200万円を党支持者に渡すなどしたことが明らかになり、先月26日に辞職した。【椋田佳代、井川加菜美】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 受刑者逃走 なぜ捕まらないのか 2週間、延べ1万人投入
    2. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
    3. 熊本地震 生活保護打ち切り 376世帯、義援金など理由
    4. 羽生結弦 仙台市であす祝賀パレード 予想12万人
    5. 弘前さくらまつり 開幕 花見客、昨年の2倍以上25万人

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]