メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙のいろは

政治の世界「一寸先は闇」

年頭記者会見に臨む安倍晋三首相=三重県伊勢市で4日、木葉健二撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 2018年が幕開けし、安(あ)倍(べ)晋三(しんぞう)内閣は発足から6回目の新年を迎(むか)えました。昨年10月に衆議院選挙があったため、今年は国政選挙がない年になるとの見方が強まっています。

 1989(平成元)年以降、衆参両選挙がなかった年は9回(補選を除く)。このうち93年8月に非自民の連立政権として誕生した細川護(もり)熙(ひろ)内閣を受(う)け継(つ)いだ羽田孜(つとむ)内閣が政権を担った94年も国政選挙がない年でした。

 羽田内閣は同年4月に発足しましたが、社会党やさきがけが政権から離脱したことによって2カ月後に倒れ、…

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文846文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです