メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南城市長選

瑞慶覧氏、古謝氏の4選阻む 翁長知事が支援

瑞慶覧長敏氏

 沖縄県の南城(なんじょう)市長選は21日投開票され、無所属新人で元衆院議員の瑞慶覧長敏(ずけらん・ちょうびん)氏(59)=共産、自由、社民、民進、地域政党・沖縄社会大衆推薦=が、無所属現職の古謝景春(こじゃ・けいしゅん)氏(62)=自民、公明、維新推薦=を破って初当選した。投票率は66.92%。

 2014年12月に翁長雄志(おなが・たけし)知事が就任した後、沖縄県の市長選で翁長氏が支援する候補が勝利したのは初めて。県内では今年、南城市を含め6市長選が予定されている。初戦の南城市長選で与党系の現…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文625文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. くらしナビ・学ぶ @大学 「中根」の目・データが語る 女子の医学部合格者比率が高い1位 島根大

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです