メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
名護市長選

辺野古移設巡り激戦 28日告示

沖縄県の翁長雄志県知事(左)とともに支持を呼びかける稲嶺進氏=同県名護市で2018年1月23日

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画が進む同県名護市で28日、市長選が告示される。選挙戦は、同市辺野古への移設に反対する翁長雄志知事が支援する現職の稲嶺進氏(72)と、安倍政権が推す元自民党系市議、渡具知武豊氏(56)の一騎打ちになる見通し。結果は今秋の知事選の行方を左右するだけに、2月4日の投開票まで激しい選挙戦が展開されそうだ。告示直前の現地を歩いた。【竹内望】

この記事は有料記事です。

残り1583文字(全文1772文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  4. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  5. 第101回全国高校野球 準決勝の見どころ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです