メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1票の格差

昨年衆院選、高松・大阪・金沢も合憲 高裁「別枠は解決」

 「1票の格差」が最大1・98倍だった昨年10月の衆院選は投票価値の平等を求める憲法に違反するとして、弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟の判決で、大阪高裁(中本敏嗣裁判長)と高松高裁(石原稚也(ちがや)裁判長)、名古屋高裁金沢支部(内藤正之裁判長)は31日、いずれも小選挙区の区割りを「合憲」と判断した。選挙無効の請求は棄却した。

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです