メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1票の格差

昨年衆院選、仙台も合憲 全国7例目

 「1票の格差」が最大1・98倍で実施された昨年10月の衆院選は投票価値の平等を求める憲法に違反するとして、青森、岩手、宮城、山形、福島各県の男女20人が選挙の無効を求めた訴訟で、仙台高裁(小林久起裁判長)は2日、小選挙区の区割りを「合憲」と判断し、請求を棄却した。原告側は上告する方針。

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文367文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 福岡・天神ビブレが来年2月閉店 「天神コア」「福岡ビル」合わせ再開発

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです