メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名護市長選

渡具知氏が初当選 移設反対の現職破る

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画の是非が問われた名護市長選が4日投開票され、移設計画を進める安倍晋三政権が推した新人で元市議の渡具知武豊(とぐち・たけとよ)氏(56)が、移設に反対する翁長雄志(おなが・たけし)知事が支援した現職の稲嶺進氏(72)の3選を阻み、初当選した。

 移設を巡る政府と県の対立を反映した選挙戦となったが、移設の是非を明言しない戦略を徹底して経済振興策などを訴えた渡具知氏が大差で勝利した。市議時代には移設に理解を示した渡具知氏は事実上の移設容認の立場とみられ、政府は移設計画を加速させる方針だ。一方で移設予定地の地元の反対という「民意」を失い、移設阻止を公約に掲げる翁長知事には大きな打撃となり、求心力の低下は避けられない。今秋に知事選が予定され、再…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1105文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです