メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名護市長選

渡具知氏が初当選 移設反対の現職破る

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画の是非が問われた名護市長選が4日投開票され、移設計画を進める安倍晋三政権が推した新人で元市議の渡具知武豊(とぐち・たけとよ)氏(56)が、移設に反対する翁長雄志(おなが・たけし)知事が支援した現職の稲嶺進氏(72)の3選を阻み、初当選した。

 移設を巡る政府と県の対立を反映した選挙戦となったが、移設の是非を明言しない戦略を徹底して経済振興策…

この記事は有料記事です。

残り902文字(全文1105文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. あなたの参院選 後期高齢者に「仕送り」35万円 給与天引きで自覚薄く
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです