メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名護市長選

渡具知氏が初当選 移設反対の現職破る

名護市長選で当選を確実にし、万歳する渡具知武豊氏(中央)=沖縄県名護市で2018年2月4日午後10時38分、野田武撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画の是非が問われた名護市長選が4日投開票され、移設計画を進める安倍晋三政権が推した新人で元市議の渡具知武豊(とぐち・たけとよ)氏(56)が、移設に反対する翁長雄志(おなが・たけし)知事が支援した現職の稲嶺進氏(72)の3選を阻み、初当選した。

 移設を巡る政府と県の対立を反映した選挙戦となったが、移設の是非を明言しない戦略を徹底して経済振興策などを訴えた渡具知氏が大差で勝利した。市議時代には移設に理解を示した渡具知氏は事実上の移設容認の立場とみられ、政府は移設計画を加速させる方針だ。一方で移設予定地の地元の反対という「民意」を失い、移設阻止を公約に掲げる翁長知事には大きな打撃となり、求心力の低下は避けられない。今秋に知事選が予定され、再選に向けても手痛い結果となった。

 初当選を決めた渡具知氏は「現市政の2期8年で市民には閉塞(へいそく)感があり、経済振興などの政策が支持された」と語った。移設問題については「(政府と県の)裁判の行方を注視する。行政の長は結果的に法律に従う以上のことはできない」と述べた。一夜明けた5日朝、市内で記者会見して「(選挙で)移設容認の民意が示されたとは思っていない。私の支持者にも移設反対の人がいて複雑な民意だ。(政権とは)一定の距離は常に置きたい」と話した。

 稲嶺氏は4日、「争点をはぐらかされ、目の前の経済優先という形になってしまったのが残念だ」と述べ、翁長知事も「(相手の)争点外しで訴えが理解されなかった」と語った。

 日米両政府が1996年に普天間飛行場の返還合意後、6回目の市長選。政府が昨年4月に辺野古の埋め立てに向けた護岸工事に着手するなど、今回、工事が進む中で初めて地元の民意が問われた。政府は今後、海を囲むように護岸を造成し、今夏にも土砂を投入する方針。翁長知事は埋め立て承認の「撤回」などで、引き続き抵抗する構えだ。

 渡具知氏は自民、維新のほか、前回は自主投票だった公明の推薦も取り付けて、票を伸ばした。国とのパイプを強調して経済振興や子育て政策を訴えたことが功を奏した。稲嶺氏は共産、自由、社民、民進、地域政党・沖縄社会大衆が推薦し、立憲民主も支持した。しかし移設工事が進む中、市民の中に「もう止められないのでは」という声も出て支持が広がらなかった。

 投票率は76.92%(前回76.71%)。当日有権者数は4万8781人。【佐藤敬一、遠藤孝康】

 確定得票数次の通り。

当20389 渡具知武豊<1>無新=[自][公][維]

 16931 稲嶺  進(2)無現=[立][共][由][社][民]

渡具知氏の当選確実の一報を受け、厳しい表情の稲嶺進氏(右)。左は沖縄県の翁長雄志知事=沖縄県名護市で2018年2月4日午後10時32分、津村豊和撮影
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネットフリックス 時価総額16兆7千億円ディズニー抜く
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. 働き方改革関連法案 高プロ「働かされ放題」の恐れ
  4. 柴俊夫さん 児童養護施設出た若者支援に日本酒
  5. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]