メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岸和田市長選

永野氏が初当選 前市長の信貴氏敗れる

大阪府岸和田市の出直し市長選で敗れ、支持者らに頭を下げる前市長の信貴芳則氏=大阪府岸和田市で2018年2月4日午後、平川義之撮影

 前市長の金銭疑惑を発端とする大阪府岸和田市の出直し市長選は4日投開票され、元府議で地域政党・大阪維新の会公認の新人、永野耕平氏(39)が、前市長の信貴(しぎ)芳則氏(56)と元市議の西田武史氏(52)の無所属2人を破り、初当選を果たした。当日有権者数は16万1579人(男7万6494人、女8万5085人)、投票率は31.43%(前回33.61%)だった。

 4日夜、同市内の特設会場に当選確実の知らせが入ると、永野氏は支持者らと万歳三唱。「岸和田の政治を一…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 2019年ヒット商品ベスト30 1位は女性も着る作業着「ワークマン」 2位は「タピオカ」 3位は「PayPay」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです