メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
選挙

沖縄・名護市長選 市長に自公系 政府、辺野古移設加速へ 翁長氏は、けん制

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画の是非が問われた名護市長選は4日投開票され、移設計画を進める安倍晋三政権が推した新人で元市議の渡具知武豊氏(56)=自民、公明、維新推薦=が、移設に反対する翁長雄志知事が支援した現職の稲嶺進氏(72)=共産、自由、社民、民進推薦、立憲民主支持=の3選を阻み、初当選を決めた。

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文843文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです