メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1票の格差

「違憲状態」 昨年衆院選で初 名古屋高裁

 「1票の格差」が最大1・98倍だった昨年10月の衆院選(小選挙区)は投票価値の平等を求める憲法に違反するとして、弁護士グループが愛知、三重、岐阜3県の計24小選挙区全てについて選挙無効を求めた訴訟の判決で、名古屋高裁は7日、小選挙区の区割りを「違憲状態」と判断した。藤山雅行裁判長は「最大格差は極めて2倍に近く、見過ごせない」と述べた。その上で請求は棄却した。

 昨年選挙を巡り二つの弁護士グループが全国14の高裁・高裁支部に起こした計16件の訴訟で、違憲状態の…

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文801文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. 特集ワイド 「右」「保守」にも「安倍政権NO」
  5. Hey!Say!JUMP 岡本さん活動休止、米留学へ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]