メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都知事選

弁護士の福山氏出馬へ 共産系が支援検討

 4月8日投開票の京都府知事選で、元京都弁護士会副会長で新人の福山和人氏(56)が立候補する意向を固めた。近く正式に表明する。共産党などでつくる「民主府政の会」が支援を検討している。

     福山氏は同府宇治市出身で立命館大卒。2001年に弁護士登録し、関西建設アスベスト京都訴訟や関西電力大飯原発差し止め京都訴訟などの原告側代理人を務めた。取材に対し「大企業と中小企業、京都市と他地域の二極分化を是正し、皆が安心して生活できる京都府にしたい」と語った。

     知事選では自民、公明、民進各党が、復興庁前事務次官で新人の西脇隆俊氏(62)の擁立を決めている。【澤木政輝】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
    2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
    3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
    4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
    5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです