メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石垣市長選

中山氏が3選 政府、陸自配備計画通りに

 任期満了に伴う沖縄県石垣市長選が11日投開票され、安倍政権が支援した無所属現職の中山義隆氏(50)=自民、公明、維新、幸福実現推薦=が、翁長雄志(おなが・たけし)知事が推した元市議の宮良(みやら)操氏(61)=民進、共産、自由、社民、地域政党・沖縄社会大衆推薦=と、元自民系県議の砂川利勝氏(54)の無所属新人2人を破って3選を果たした。

     石垣島への陸上自衛隊部隊配備計画の是非が争点となったが、計画を事実上容認する中山氏の当選を受け、政府は計画を予定通りに進めていく方針だ。投票率は73.55%。

     保守系は候補者一本化の調整がつかずに分裂選挙となったが、安倍政権は2月の名護市長選に続いて県内市長選で勝利し、今秋の知事選に向けても弾みがつく形だ。翁長知事は、告示前後に応援に入って支持拡大を図ったが及ばなかった。

     南西諸島の防衛力強化を目指す防衛省は島中心部の市有地などに500~600人規模のミサイル部隊などの配置を計画。予定地周辺の4地区は反対している。【佐藤敬一】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
    2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
    3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
    5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです