メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電子投票

消える 最後の青森・六戸町が休止へ 割高レンタル費が普及の壁に

タッチパネル式の電子投票機の模擬投票用画面=青森県六戸町で

 青森県六戸(ろくのへ)町は全国で唯一実施してきた電子投票の休止を決めた。自治体の費用負担が大きくて普及が進まず、電子投票機の製造・販売企業でつくる「電子投票普及協業組合」(東京都)が機材を新しくすることができなくなったため。町は来春の町議選で実施予定だったが、手書き投票に戻す方針だ。電子投票は早さや正確さを期待されて16年前に導入されたが、実施自治体は事実上なくなった。【塚本弘毅】

 電子投票は2002年施行の特例法で地方選挙に限り解禁された。六戸町は作業が短時間で終わることや、今…

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1034文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 感謝状 警察犬ヨルト号、行方不明の男性を救う 富山
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです