メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都知事選

西脇氏の初当選確実 府政継承を訴え

京都府知事選で初めての当選が確実となり、支援者らとバンザイする西脇隆俊氏(中央)。右から2人目は引退する山田啓二知事、右端は門川大作・京都市長=京都市下京区で2018年4月8日午後8時10分、川平愛撮影

 任期満了に伴う京都府知事選は8日投開票され、新人で前復興事務次官の西脇隆俊氏(62)=自民、立憲、希望、公明、民進推薦=が、新人で弁護士の福山和人氏(57)=共産推薦=を破っての初当選を確実にした。

     全国知事会長で4期16年務めた現職の山田啓二知事(64)が引退を表明。山田氏を支えた各党に擁立され府政の継承を訴えた西脇氏が、元京都弁護士会副会長で貧困対策などを訴えた福山氏との一騎打ちを制した。

     選挙戦で西脇氏は、京都縦貫道の開通や河川改修など、山田府政が実現したインフラ整備の成果を強調し、「府政を継承、発展させて新しい時代の京都づくりに挑戦したい」と訴えた。福山氏は森友問題などを巡って対立する与野党が相乗りで支援する相手陣営を批判し、「知事にとって大事なのは国とのパイプではなく府民とのパイプだ」と訴えたが、及ばなかった。【澤木政輝、篠田直哉】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
    2. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?
    3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
    4. 金箔瓦 岡崎城に黄金の葵 徳川・歴代最古
    5. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです