メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙のいろは

党員比重増す自民総裁選

新総裁に決まり、石原伸晃幹事長(右)や石破茂前政調会長(右から2人目)と握手する安倍晋三元首相(中央)=東京都千代田区の同党本部で2012年9月26日、竹内幹撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 9月に予定される自民党総裁選。当初、安(あ)倍(べ)晋(しん)三(ぞう)首相の3選が有力視されていましたが、学校法人「森友学園」を巡(めぐ)る問題などで首相の支持率が低下するなか、出馬が取りざたされる議員たちの駆(か)け引(ひ)きが活発になっています。今回は党規程の改正により、新しい仕組みが初めて適用される総裁選でもあります。

 自民党総裁選の仕組みは2013~14年の総裁公選規程の改正によって大きく変わりました。

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文944文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです