メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自治労

立憲から擁立 来夏の参院選比例

 自治労は14日、来夏の参院選比例代表での「組織内候補」を立憲民主党から擁立する方針を固めた。擁立するのは新人の岸真紀子氏(42)。東京都内で24、25両日に開く中央委員会で正式決定する。自治労幹部が明らかにした。

     自治労は1月の中央委員会で「立憲民主党、(旧)民進党への支援・協力を基軸」とする運動方針を打ち出して「立憲シフト」を進めていた。自治労の組織内候補で立憲の相原久美子氏は次期参院選に出馬せず、勇退する。

     連合傘下の旧総評系労組では、私鉄総連と日教組が立憲から組織内候補を擁立する方針を既に決めている。【影山哲也】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 影山貴彦のテレビ燦々 クールな二宮、「ブラックペアン」 今後に期待したい加藤綾子
    2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
    3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
    4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]