メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

新潟県知事選 花角氏が初当選 安堵の与党、不安消えず 自公地元組織に溝、参院選に懸念

今後の主な選挙日程など

 10日投開票された新潟県知事選は、自民、公明両党が支持した前海上保安庁次長、花角英世氏(60)が初当選し、総力戦を展開した政府・与党に安堵(あんど)感が広がった。秋の自民党総裁選に向け、安倍晋三首相の3選に「追い風」との声も漏れる。ただ、森友・加計問題で政権への風当たりがなお強いことに加え、知事選では自公の地元組織に溝が残り、来夏の参院選などに懸念も残した。

     首相は11日の自民党役員会で、知事選勝利に謝意を示して「おごることなく政権与党としての責任を果たしていく」と強調。花角氏は自民の二階俊博幹事長の運輸相時代の秘書官で、メンツを保った形の二階氏は10日夜、首相の総裁3選について「追い風、良い風が吹いてきた」と記者団に機嫌よく語った。

     ただ自民党内には勝利を手放しで喜ぶ空気は薄い。県内30市町村別の得票数をみると、花角氏が野党推薦の池田千賀子氏(57)を下回ったのは7市2町村。うち長岡、小千谷、上越など5市1町は自民党現職がいる二つの衆院小選挙区が含まれる地域だ。新潟では2017年衆院選の小選挙区で自民が2勝4敗と負け越しており、「足腰が弱っている」(与党幹部)との懸念は消えない。

     森友・加計問題による政権批判の影響を食い止めようと、与党は知事選で党幹部が街頭にほとんど立たず、政党色を薄めて組織戦を展開。首相も応援には入らなかった。それでも二階氏は、こうした問題が「本当に邪魔っけだった。関係者には大いに反省してもらいたい」と述べ、政権の引き締めを図った。

     自民の竹下亘総務会長も11日の東京都内の講演で「森友・加計問題はものすごく響いた」と指摘。さらに「(知事選の勝利は)政権の追い風にはあまりならない。ただしアゲンスト(逆風)ではなくなったとは言える」と冷ややかに語った。

     一方、地元の自民党県連と公明党県本部は序盤からの食い違いが解消できなかった。公明党関係者は「僅差になるとうちの力が際立つ」と胸を張りつつも、選挙協力の不徹底に不満を口にする。公明党の斉藤鉄夫選対委員長は10日夜、記者団に対して「今回は県民の生活、経済活性化などが最大の争点だった。安倍政権が信任されたのではない」との見方を示した。【竹内望】

    野党「寄り合い」練り直し

     推薦した池田氏が敗れた立憲民主党など野党6党派は、来夏の参院選へ共闘戦略の練り直しを迫られそうだ。2016年参院選新潟選挙区や前回知事選では野党系が勝利していたが、今回は「寄り合い所帯」が十分機能せず、森友・加計学園問題を訴えて政権批判票の取り込みを図ったことも「有権者は地元の課題解決を優先し、浮動票につながらなかった」(立憲幹部)との見方もある。

     知事選では立憲、国民民主、共産、自由、社民と衆院会派「無所属の会」の代表らがそろって街頭演説するなど、共闘をアピール。しかし旧民進党組織や連合新潟と共産、社民などの連携は一枚岩とは言えず、池田氏選対本部長の菊田真紀子衆院議員(無所属)は10日夜、記者団に「あっちに気を使い、こっちに気を使い、ものすごくエネルギーが割かれた」と嘆いた。

     東京電力柏崎刈羽原発の再稼働を巡る争点化も不発。「与党隠し、原発隠し戦略」(国民の玉木雄一郎共同代表)に後れを取った。

     ただ、前哨戦で出遅れた池田氏が花角氏に約3万7000票差に迫り、10日投票・11日開票の東京都中野区長選では野党系候補が与党系の現職に勝利。共産党の志位和夫委員長は11日の中央委員会総会で「全国でも共闘をさらに発展させる」と強調した。【樋口淳也、南茂芽育】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
    2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
    3. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
    4. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
    5. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]