メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選改革

きょう再協議 自民、近く「6増」提出

 伊達忠一参院議長は13日、参院各会派代表者と国会内で会談し、選挙制度改革に関する意見を聴取した。定数を「6増」し、比例代表の一部に拘束名簿式を導入する自民党案に賛同する会派がなかったため、14日に再協議する。各会派が合意するめどは立っておらず、自民党は同党案を基にした公職選挙法改正案を提出し、成立させる構えだ。

     会合では「定数増は国民の理解を得られない」(国民民主党)などと野党から自民党案に反対が相次ぎ、伊達氏が「来年の参院選まで時間がないので、法案を出せる会派は今週中に出してほしい」と促した。立憲民主党の福山哲郎幹事長は終了後、「非常に遺憾だ」と伊達氏の進め方を批判した。【高橋恵子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
    2. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    3. 大阪震度6弱 「水、食料を」買い物客殺到 品切れ相次ぐ
    4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
    5. 人生相談 不愉快な質問、かわせない=回答者・光浦靖子

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]