メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選挙制度

維新と共産が独自変更案 自民6増案けん制

 日本維新の会と共産党は5日、参院選挙制度を変更する独自案をそれぞれまとめた。自民党が参院定数を6増する公職選挙法改正案を国会に提出していることを踏まえ、定数を削減または維持する案を示してけん制する狙いだ。

     維新の改正案は現在の参院定数242を1割減の218とした上で、全国を11ブロックに分けた大選挙区制を導入する内容。6日に参院に提出する。

     公明党は、定数を維持して11ブロックの大選挙区制とする改正案を既に国会に提出。維新は「我々の考え方に近い」(馬場伸幸幹事長)と評価しており、維新の従来の主張である定数削減を、公明案に加味した形だ。

     一方、共産案は参院の定数を維持しつつ、選挙区を廃止して全国10ブロックの比例代表制(非拘束名簿式)とすることが柱。ただ、国会に改正案の提出はしない方針で、山下芳生副委員長は記者会見で「抜本改革というならこの案で行くべきだと態度表明したもの」と説明した。

    【遠藤修平】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
    2. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる
    3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    4. 選挙 狛江市長選 松原氏が初当選 「即戦力」アピール /東京
    5. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]