メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1票の格差

参院選挙区、最大3.08倍 昨年より拡大 衆院は2倍未満

参院選挙区の「1票の格差」の状況

 毎日新聞は総務省が11日公表した今年1月1日現在の人口動態調査を基に、国会議員1人当たりの人口の差を示す「1票の格差」を試算した。参院選挙区の最大格差は3・087倍で昨年1月1日時点の試算よりも拡大した。ただ、国会では参院定数を「6増」する公職選挙法改正案が審議中で、成立すれば最大格差は3倍未満に収まる。一方、衆院小選挙区の最大格差は1・97倍で昨年に続いて2倍未満だった。

     参院選挙区では、議員1人当たりの人口が最少の福井(定数2、38万8665人)と最多の埼玉(定数6、119万9805人)の格差が最も大きかった。埼玉の人口が増える一方、福井の人口が減ったことで、最大格差は昨年の3・066倍よりも大きくなった。

     自民党は参院選挙区の格差を是正するとして、埼玉選挙区の定数2増などを盛り込んだ改正案の成立を目指す。成立すれば議員1人当たり人口が最多の選挙区は宮城(定数2、114万5991人)となり、最大格差も2・949倍に収まる。ただし自民党案の「比例4増」部分は、1票の格差是正に影響しない。

     2017年に大規模な区割り変更を行った衆院の小選挙区は、1選挙区当たりの人口が最多の兵庫6区(55万5708人)と最少の鳥取1区(28万2041人)の格差が最大となった。最大格差は昨年の1・955倍よりもやや拡大した。【青木純】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
    2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    4. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止
    5. 知事発言録 15~21日 /千葉

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]