メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人口動態調査

1票の格差、最大3.08倍…参院選挙区

 毎日新聞は総務省が11日公表した今年1月1日現在の人口動態調査を基に、国会議員1人当たりの人口の差を示す「1票の格差」を試算した。参院選挙区の最大格差は3.087倍で昨年1月1日時点の試算よりも拡大した。ただ、国会では参院定数を「6増」する公職選挙法改正案が審議中で、成立すれば最大格差は3倍未満に収まる。一方、衆院小選挙区の最大格差は1.97倍で昨年に続いて2倍未満だった。

 参院選挙区では、議員1人当たりの人口が最少の福井(定数2、38万8665人)と最多の埼玉(定数6、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 大阪府警 手帳示し「捜査だ」JRに不正乗車の巡査長処分

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです