メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民

参院選の1次公認候補予定者56人を決定

 自民党は20日の選対本部会議で、来年の参院選の1次公認候補予定者56人を決定した。選挙区では、合区の「鳥取・島根」「徳島・高知」を含む9選挙区の公認を先送りした。一方、比例代表では、党内規で定める「70歳定年制」に抵触する現職9人のうち7人を例外扱いとし、公認した。

 1次公認は、選挙区37人(現職35人、新人2人)と比例代表19人(現職15人、新人4人)。比例ではこのほか、自民党会派入りしている無所属現職の井上義行氏の公認を内定した。

 安倍晋三首相(党総裁)は会議で、来年は統一地方選も控えることに触れ、「重なる年の参院選は大変厳しい…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです