メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

投票所遠いと「期日前」増 有権者の傾向 前回意識調査

期日前投票するための列に並ぶ人たち=東京都品川区で2017年10月、和田大典撮影

 公益財団法人「明るい選挙推進協会」は、昨年10月の前回衆院選における有権者の行動や意識を探った全国意識調査の結果を公表した。自宅から投票所までの時間と期日前投票の関係をみると、投票所まで「5分未満」の人は「期日前投票をした」のが21・9%だったのに対し、「10分未満」は35%、「20分未満」は50・2%、「20分以上」は50%と、投票所が遠いほど期日前投票に行く割合が高かった。

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文811文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  3. おりを切断した容疑で16歳少年を逮捕 富津のサル70頭逃げ出し 千葉県警

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 高松2児放置死「飲みに行くこと注意されて預けられず」 逮捕の母供述

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです