メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄知事選

与党、弔い合戦に危機感 総裁選と重複も誤算

土砂の投入に向けて埋め立て予定区域の護岸工事が進む辺野古の沿岸部=沖縄県名護市で2018年4月19日、本社機「希望」から徳野仁子撮影

 沖縄県知事だった翁長雄志(おなが・たけし)氏の死去を受け同県知事選が9月に前倒しされたことで、自民、公明両党の選挙戦略に狂いが生じている。自民党は総裁選と日程が重なり県知事選に専念することが困難になった。公明党も米軍普天間飛行場(宜野湾市)の県外移設を掲げる県本部との調整に時間をかけることができなくなった。

 自民党の塩谷立、公明党の斉藤鉄夫両選対委員長は17日、個別に沖縄県を訪問する。自民党は宜野湾市の佐…

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文842文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「武器を爆買いするなら年金に回せ!」 老後2000万円問題で抗議集会
  3. ボール蹴り非常口灯壊す動画をインスタ投稿 少年4人を事情聴取 兵庫県警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです