メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民代表選

玉木・津村両氏、自民と差別化も現実味薄く

記者会見冒頭で握手する国民民主党の津村啓介元内閣府政務官(左)と玉木雄一郎共同代表=東京都千代田区の日本外国特派員協会で2018年8月29日午後3時3分、藤井太郎撮影

 国民民主党代表選(9月4日開票)に立候補した津村啓介元内閣府政務官(46)と玉木雄一郎共同代表(49)が、自民党総裁選を意識して存在感の発揮に懸命になっている。基本政策で大きな違いがない両氏は、子育てや性的少数者支援などでそれぞれ独自色を出し、党員以外にもアピールする。野党ならではの大胆な主張は支持率向上につながるか。

 津村氏「ほぼ同時期に自民党総裁選が行われようとしているが、次世代の与党を担う気概を持ち、新しい社会の価値観、生命観を提起したい」

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです