メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄

5市で市議選告示 知事選の前哨戦

街頭で応援のあいさつをする玉城デニー氏=沖縄市で2018年9月2日、佐野格撮影

 沖縄県内の名護市や沖縄市など5市で2日、市議選が一斉に告示された。翁長雄志(おなが・たけし)知事の死去に伴う30日投開票の知事選の前哨戦となる。知事選に立候補を表明した自由党幹事長の玉城(たまき)デニー衆院議員(58)=沖縄3区=と、前宜野湾市長の佐喜真淳(さきまあつし)氏(54)=自民、公明、維新推薦=はいずれも、支援する市議候補の応援に県内をかけずり回った。

 翁長氏の後継候補として出馬する玉城氏は2日午前、沖縄市で街頭演説し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設について「埋め立て承認を撤回した副知事の判断をしっかり支えたい。私が知事になっても、その思いは1ミリもぶれることはない」と強調。午後には名護市で移設反対の市議候補9人と並び立ち、「翁長知事の遺志を受け継ぎ、子や孫たちのために責任を果たしていこう」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文819文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 台風で常磐線、久留里線、鹿島線が計画運休 成田線も見合わせの可能性

  4. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです