メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄県知事選

玉城氏が選挙公約 辺野古移転は阻止

 沖縄県知事選(13日告示、30日投開票)に出馬する自由党幹事長、玉城(たまき)デニー衆院議員(58)=沖縄3区=が10日、那覇市で記者会見し、選挙公約を発表した。政府が進める米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画について「新たな基地は造らせない。あらゆる権限を駆使して阻止していく」と述べ、改めて反対の姿勢を明確にした。

 事実上の一騎打ちとなる見通しの前宜野湾市長、佐喜真淳(さきまあつし)氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=は辺野古移設の是非を示しておらず、選挙戦での争点化を避ける狙いだ。これに対し、玉城氏は「計画には断固反対で、相手候補とは違う」と強調。「普天間飛行場を返すのであれば他に(新たな基地の)場所を造れというのは不条理だ」と訴えた。

 そのうえで「沖縄が基地経済に頼っていたのはもはや過去の話だ。自立型経済へステップを踏んでいく」と説明。急逝した翁長雄志(おながたけし)知事が掲げた「誇りある豊かさ」の実現を目指していくとした。【佐野格、中里顕】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです