メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄知事選

4氏届け出、投開票30日 辺野古移設争点に

(右)第一声をあげる佐喜真淳氏=那覇市で2018年9月13日午前9時1分、森園道子撮影(左)玉城デニー氏=沖縄県伊江村で同10時49分、津村豊和撮影

 翁長雄志(おなが・たけし)知事の死去に伴う沖縄県知事選が13日告示された。いずれも無所属新人で、前宜野湾市長の佐喜真淳(さきま・あつし)氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=と、元衆院議員の玉城(たまき)デニー氏(58)ら4氏が立候補を届け出た。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を進める安倍政権が推す佐喜真氏と、翁長氏の後継として移設反対を訴える勢力が支援する玉城氏との事実上の一騎打ちの構図だ。投開票は30日で、結果は辺野古移設の行方に大きな影響を与える。

 日米両政府が1996年に普天間飛行場の返還に合意して以降、知事選は6回目で、いずれも普天間飛行場の…

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1164文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです