メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

沖縄県知事選 経済振興VS辺野古阻止 4氏届け出 30日投開票

【右】集会で支援を呼びかける佐喜真淳氏=沖縄県名護市で2018年9月13日午後3時14分、津村豊和撮影【左】辺野古の米軍基地ゲート前で、支持を訴える玉城デニー氏=沖縄県名護市で2018年9月13日午後2時半、森園道子撮影

 翁長雄志(おながたけし)知事の死去に伴う沖縄県知事選が13日告示され、立候補を届け出た4人による選挙戦がスタートした。いずれも無所属新人で、前宜野湾市長の佐喜真淳(さきまあつし)氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=と、元衆院議員の玉城(たまき)デニー氏(58)の事実上の一騎打ちの構図で争われる。(3面にクローズアップ)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を進める安倍政権が佐喜真氏を推し、…

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1198文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです