メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

沖縄県知事選告示 決断、国政に影響

米軍普天間飛行場の県内移設を巡る沖縄県知事選の主な構図と結果

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対した翁長雄志(おながたけし)知事の死去に伴う同県知事選が13日、告示された。移設を進める安倍政権は、前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)が沖縄振興を前面に出し、自民党総裁選直後の大型選挙に必勝を期す。一方、翁長氏後継を掲げる元衆院議員の玉城デニー氏(58)は、移設反対をてこに保守と革新が「結集」した前回選を再現しようと懸命だ。

この記事は有料記事です。

残り2270文字(全文2464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです