メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

沖縄県知事選告示 決断、国政に影響

米軍普天間飛行場の県内移設を巡る沖縄県知事選の主な構図と結果

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対した翁長雄志(おながたけし)知事の死去に伴う同県知事選が13日、告示された。移設を進める安倍政権は、前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)が沖縄振興を前面に出し、自民党総裁選直後の大型選挙に必勝を期す。一方、翁長氏後継を掲げる元衆院議員の玉城デニー氏(58)は、移設反対をてこに保守と革新が「結集」した前回選を再現しようと懸命だ。

この記事は有料記事です。

残り2270文字(全文2464文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
  5. 外来テントウムシ 天敵に天敵、クズ栄える? 関西都市部などで拡大、カメムシ危機

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです