メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄知事選

4氏による選挙戦が確定 辺野古への移設争点

(右)第一声をあげる佐喜真淳氏=那覇市で2018年9月13日午前9時1分、森園道子撮影(左)玉城デニー氏=沖縄県伊江村で同10時49分、津村豊和撮影

 翁長雄志(おなが・たけし)知事の死去に伴う沖縄県知事選は13日午後5時に立候補が締め切られ、いずれも無所属新人の4氏による選挙戦が確定した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を進める安倍政権が推す前宜野湾市長の佐喜真淳(さきま・あつし)氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=と、翁長氏の後継として移設反対を訴える勢力が支援する元衆院議員の玉城(たまき)デニー氏(58)との事実上の一騎打ちの構図だ。投開票は30日で、結果は辺野古移設の行方に大きな影響を与える。

 日米両政府が1996年に普天間飛行場の返還に合意して以降、知事選は6回目で、いずれも普天間飛行場の移設が焦点となった。

 2014年の前回選は移設反対を訴えた翁長氏が勝利したが、安倍政権は「辺野古移設が唯一の解決策」として移設計画を見直さず、17年4月に埋め立てに向けた護岸工事に着手。埋め立てのために土砂を投入する準備を既に整えている政府に対し、県が8月31日に埋め立て承認を撤回したため、工事が止まっている状態で知事選に突入した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです