メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄知事選

基地問題に苦しむ県民 移設問題争点化6回目

土砂の投入に向けて埋め立て予定区域の護岸工事が進む辺野古の沿岸部=沖縄県名護市で2018年4月19日、本社機「希望」から徳野仁子撮影

 沖縄県知事選が13日告示された。日米両政府による米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の返還合意から22年。安倍政権は、移設先の名護市辺野古の海に埋め立て用の土砂を投入する直前まで工事を進めたが、県民の反発は根強く、知事選で移設問題が争点になるのは6回目だ。事実上の一騎打ちとみられる2人の候補は早速名護市に入り、対照的な演説を展開。基地問題に苦しみ続ける県民が訴えに耳を傾けた。

 安倍政権が全面支援する前宜野湾市長の佐喜真淳(さきま・あつし)氏(54)は大票田の那覇市の選挙事務…

この記事は有料記事です。

残り1179文字(全文1418文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  4. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです