メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄知事選

佐喜真氏vs玉城氏 事実上の一騎打ち

【右】集会で支援を呼びかける佐喜真淳氏=沖縄県名護市で2018年9月13日午後3時14分、津村豊和撮影【左】辺野古の米軍基地ゲート前で、支持を訴える玉城デニー氏=沖縄県名護市で2018年9月13日午後2時半、森園道子撮影

 翁長雄志(おながたけし)知事の死去に伴う沖縄県知事選が13日告示され、立候補を届け出た4人による選挙戦がスタートした。いずれも無所属新人で、前宜野湾市長の佐喜真淳(さきまあつし)氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=と、元衆院議員の玉城(たまき)デニー氏(58)の事実上の一騎打ちの構図で争われる。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を進める安倍政権が佐喜真氏を推し、翁長氏の後継として移設反対を訴える勢力が玉城氏を支援する。投開票は30日で、結果は辺野古移設の行方に大きな影響を与える。

     那覇市での出陣式で、佐喜真氏は「対立や分断の4年間を繰り返すのか。和をもって沖縄を前に進めていくのか」と政府と協調しての経済振興策などをアピール。辺野古移設の賛否は明言せず、「宜野湾市長として基地問題では政府と闘ってきた。普天間飛行場の返還を実現できるのは私しかいない」と強調した。移設先の名護市でも街頭に立ったが、移設問題には一切触れなかった。

     佐喜真氏は自民県連が擁立。公明は県本部が辺野古移設に反対の立場で、前回選は自主投票で臨んだが、今回は推薦を決めた。

     玉城氏は伊江島で第一声を上げ、「ウチナーンチュ(沖縄の人)のアイデンティティーを思い出し、誇りある豊かさを築こう」と呼び掛けた。その後、抗議活動が続く辺野古を訪れ、「沖縄の海を陸を戦(いくさ)に使うための基地は造らせない。翁長知事が託したバトンをしっかりと受け取る」と訴え、移設に反対する姿勢を明確に示した。

     自由党衆院議員だった玉城氏を、共産、社民などのほか、辺野古移設に反対する企業や団体が支援。翁長氏を前回選で支えた保守と革新が共闘する「オール沖縄」態勢の再構築を狙う。

     1996年の日米両政府による普天間飛行場の返還合意以降、知事選は6回目。2014年の前回選は辺野古移設反対を訴えた翁長氏が移設推進を主張した現職を大差で破った。だが、安倍政権は「辺野古移設が唯一の解決策」との姿勢を変えず、17年4月に護岸工事に着手。土砂投入による埋め立ての準備を既に整えたが、県は8月31日に埋め立て承認を撤回し、工事は中断している。知事選は当初、11月に予定されていたが、翁長氏が8月8日に急逝し、前倒しされた。

     知事選には2氏のほか、琉球料理研究家の渡口(とぐち)初美氏(83)と元IT会社員の兼島俊氏(40)も立候補を届け出た。

     沖縄県の有権者数は12日現在で115万8569人。【遠藤孝康、中里顕】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    2. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
    3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
    4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
    5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです