メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共同通信世論調査

沖縄知事選2氏互角 争点は移設問題

 共同通信社は22、23両日、翁長雄志(おながたけし)知事の死去に伴う沖縄県知事選(30日投開票)で電話世論調査を実施し、取材結果を加味して情勢を探った。いずれも無所属新人の元衆院議員、玉城(たまき)デニー氏(58)と、前宜野湾(ぎのわん)市長、佐喜真淳(さきまあつし)氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=が互角のまま激しく競り合う展開となっている。

 ただ、2割が投票先を「まだ決めていない」としており、情勢は変動する可能性がある。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです