メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

沖縄・宜野湾市長選 新人2氏の戦い 知事選と同日投開票

 米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の市長選が23日告示された。普天間飛行場の名護市辺野古への県内移設に反対する前県高校PTA連合会長で会社役員の仲西春雅氏(57)と、移設を進める安倍政権が支援する前副市長の松川正則氏(65)の無所属新人2人が立候補した。

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文375文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  3. 愛媛・西条市が「若者が住みたい田舎」全国1位に 前年5位からアップ

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです