メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲

弁護士の亀石倫子氏擁立へ 参院大阪選挙区

亀石倫子氏

 立憲民主党は、来夏の参院選大阪選挙区(改選数4)に、新人で弁護士の亀石倫子氏(44)を擁立する方針を固めた。亀石氏は弁護士活動の傍ら、テレビ番組のコメンテーターなどで知名度が高く、党側が出馬を打診していた。28日午後にも記者会見して発表する。

 亀石氏は北海道出身。2009年に大阪弁護士会に弁護士登録し、主に刑事事件を手掛けている。昨年3月には、令状なしで捜査対象の車両にGPS(全地球測位システム)端末をつける捜査手法を「違法」とする最高裁判決を勝ち取り、多くのメディアで取り上げられた。

 亀石氏は、今年7月に府連が主催した人権関連のセミナーに講師として参加した。同党は改選数2以上の選挙区に原則として候補者を擁立する方針で、大阪など、大都市の選挙区は党本部主導で調整していた。

 大阪選挙区には、自民党と日本維新の会が各2人の候補擁立を目指している他、公明党と共産党の現職が出馬予定。知名度がある亀石氏が立候補すれば激戦が予想される。【芝村侑美】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファシリティードッグ 子供の闘病支え9年 ベイリー引退
  2. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  3. 新在留資格 送還拒否の一部の国を除外 法務省方針
  4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  5. 北九州 海外視察報告、複数市議がブログ写す コピペ否定

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです