メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄知事選

「辺野古」左右、激戦 30日投開票

 翁長雄志(おなが・たけし)知事の死去に伴う沖縄県知事選は30日に投開票される。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を進める安倍政権が全面支援する前宜野湾市長の佐喜真淳(さきま・あつし)氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=と、翁長氏の後継として移設に反対する元自由党衆院議員の玉城(たまき)デニー氏(58)の事実上の一騎打ちで、激しい選挙戦を展開している。結果は移設計画の行方に大きな影響を与える可能性がある。

 佐喜真氏は「対立から対話へ」と強調し、移設問題で政府と対峙(たいじ)した翁長県政からの転換や政権と…

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文835文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです