メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄知事選

街頭演説中止 期日前投票者数は過去最高

台風24号による暴風雨が吹きつける那覇市内=那覇市で2018年9月29日午後2時57分、徳野仁子撮影

 翁長雄志(おなが・たけし)知事の死去に伴う沖縄県知事選は30日投開票される。選挙戦最終日となった29日は台風24号の接近で沖縄本島を中心に大荒れの天候となったため、主要な候補者が街頭演説を取りやめ、半数以上の自治体が期日前投票を中止するなど大きな影響が出た。一方、期日前投票者数は過去最高の40万超に上り、全有権者の35%となった。

 知事選は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を進める安倍政権が支援する前宜…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文581文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです